精力剤は適量、適切な利用を

精力剤は用法用量を守ろう

精力剤を購入すると、ついつい「飲めば飲むほど効果がある」ような気がするものですが、実際はそんなことはありません。過剰に摂取した精力剤は、身体が吸収できないため、尿となって排出されるだけです。そう考えると、精力剤を飲み過ぎることは、とてももったいないことになります。一度に飲む量を増やすことだけでなく、定められた間隔を守らないのもダメです。例えば、一日一錠と言われているのに、朝と夜服用しても効果はありません。精力剤の多くは医薬品ではなくサプリメントですが、それでもきちんとした効果を得たいのであれば、少なくても用法用量を守るようにしましょう。守らない場合、効果があまり上がらないだけでなく、腎臓や肝臓、胃腸といった内臓にも大きな負担がかかることもあります。そもそも精力剤の多くは、非常に高い濃度で有効成分を固めた栄養剤です。普通に飲んでいれば健康によいぐらいなものの、過剰な摂取は、身体に悪影響があるのです。特に最近の精力剤は、血行をよくしてペニスの大きさを改善する機能があるため、血行が良くなりすぎて、血管や心臓に思わぬ普通をかけることすらあります。精力剤は飲み過ぎてはよくないということを、よく覚えておくようにしましょう。